Member's Photo @星撮影中の過ごし方

こんばんは、ふうまです。
子育てに追われなかなか撮影に出かけられない毎日ですが、いつも夜空は見上げているんですよ。

写真は天体写真の撮影風景です。

赤道儀を使って追尾撮影
追尾撮影

GR DIGITAL2で固定撮影
固定撮影

さて、近年は星を撮る方が増えてきて、天体写真も一般的な写真ジャンルに加わりつつあるように思えてとても嬉しいです。
星の撮影を楽しく続けるために、撮影中の暇な時間の過ごし方にちょこっと提案を。
星を撮るにはけっこうな長い時間が必要ですので、撮影の待ち時間をどう過ごすかが楽しい撮影のポイントになりそうです。

●追尾撮影・・赤道儀を使う追尾撮影はひとつの場所で一晩過ごすことになります。双眼鏡を持って行って、撮影中は星を眺めるというのも楽しいのですが、これけっこう飽きちゃうんですよね。(笑)
ノートPCがあれば、撮影画像をUSBでいち早く取り込んで試しに画像処理をしてみるといいでしょう。ピントや露光時間の過不足、ガイドミスなどが確認でき、ピンボケや露光オーバー、ガイドエラー、レンズの結露で無駄な時間を費やすことを避けられます。

●固定撮影・・気に入った場所で必要な時間だけ撮影して、また場所を変える。誰もいない真っ暗闇の静かな場所で過ごす撮影になりますから、風景写真より遥かに孤独な撮影になります。
寒さを和らげるためにコーヒーを沸かしたり走ったり(笑)、携帯やカーナビで次の撮影地を調べたり、撮影風景を別のカメラで撮ったり、車で寝袋に入って寝たり(笑)。ラジオを点けて人の声が聞こえると深夜の山でひとりでもちょっと安心できます。

一番良いのは撮影仲間をつくることだと思います。撮影している人がいたら明かりを消して近づき、積極的に話しかけてみましょう。撮影中はみんなけっこう暇ですし(笑)、同じ趣味同士ですから話も弾むと思います。そうしてそのうち写真のように撮影仲間が沢山できて暇な時間はなくなると思います。
また、アウトドア用のコンロで湯を沸かすことができると、ラーメンやコーヒーを作ったりして暖を取ることができますので非常に有効です。
それとロケーション把握のためにも撮影風景はぜひ撮っておきましょう。真っ暗な場所ですから、写真に撮って初めて気付くものがきっとあるはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

 

こんばんは。
星の撮影は天体の知識も、写真の知識も必要なのだと思っていましたが、なるほど撮影地の選択や夜の過ごし方・楽しみ方にも工夫があって、ご苦労も楽しみも格別なものなのでしょうね。
私も今から学んで、そのうち星空を撮ってみたいと思います。
実はふうまさんから「kokoro」に寄せていただく写真の撮影データも、私にはわからない用語も多いので、これはひとつ学ばなければと密かに思っていたところなんですよ。
星空のもと、撮影場所で一晩過ごす。いいですね。ちょっと憧れます。

Kokoro Photo Project
Web Photo Magazine"kokoro"で作品を発表するフォトグラファーの集まりです。

Web Siteはこちらからどうぞ。

http://kokoro-photo.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Member's Site & Blog

【Buntaroh】
Private Photo Gallery "Buntaroh"
【NoB】
i-Shangri-La (Blog)
ふうまmfuk
Nature Photo Collection
星降る夜に出かけよう
今日も気分は森の中(Blog)
【Masaya T】
Enjoy Photo Life
(Blog)Enjoy Photo Life
【Izumi】
北アルプス山麓写真館 / 自然風景壁紙館
北アルプス写遊倶楽部
北アルプス山麓ずくなし Weblog(Blog)
【眞本 尚ニ】
Facebook眞本尚ニ
【でんすけ】
Flickr Densuke@m5
【ito】
P・M CLIP~風の記憶~
風の記憶 (Blog)
【KOGA】
古賀幸雄写真ギャラリー
【RYU】
Photo & Design
RYU (Blog)
【RIRICO】
LA*LA*LA
季節のラブレター(Blog)
【千翔】
華音(かのん)~時の雫~
【yumi】
こころの色(Blog)
【樹里】
季節の野鳥 Wave"
【びんこ】
Photo Gallery"Pixy Wave"

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる