スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別冊 "Mono-Gokoro" Uploadしました。

Web Photo Magazine"kokoro"別冊「Mono-Gokoro」を、本日6月18日にアップロードいたしました。
この「Mono-Gokoro」はタイトルからご推察いただくとおり、モノクロ写真の特集号となっております。
今回は6タイトルでの構成です。コンパクトながらもしっかり締まった作品集になったのではないかと感じております。
どうか皆様、お時間のあるときにでも、ゆっくり覗いて見てください。
きっと素適な「kokoro」に出合えると信じております。

Web Photo Magazine"kokoro"
こちらからどうぞ ↓

http://kokoro-photo.com/




1:Buntaroh「monochrome HUIS TEN BOSCH」(6枚)
2:KOGA「木道造形」(5枚)
3:ふうまmfuk「憩い」(6枚)
4:びんこ「ねこ」(5枚)
5:yumi「ふれ愛」(4枚)
6:NoB「凪」(4枚)
--------------------------------

Web Phorto Magazine"kokoro" 



: Buntaroh wrote

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

別冊 "Mono-Gokoro" Upload

Kokoro-Photo Projectからのお知らせです。 Web Photo Magazine"kokoro"別冊「Mono-Gokoro」を、本日6月18日にアップロードいたしました。 この「Mono-Gokoro」はタイトルからご推察いただくとおり ...

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました

おはようございます^^

別冊MonoーGokoro 拝見しました
じっくりゆっくり一枚ずつ見て、写真って深いな~って思いました
昔はモノクロしかなくて、それも記念写真・・・
そんなどこか懐かしいような新しいような不思議な感覚でした
皆さんの大作の中で、ホント恥ずかしいですが
人物がかぶらなくてよかったなって思います。
今度は、最初からモノクロでファインダーを覗いて撮ってみいと思いました

この中で、裏表紙になっている雨の中の女性の作品
雨のぬれている感じが季節感があって素敵な一枚だなって思いました。
今回のMonoーGokoroに参加させていただいてありがとうございました
文太郎さん、お疲れさまでしたm(__)m

ありがとうございました

yumiさん、今回もありがとうございました。
yumiさんの「ふれ愛」は、お母さんへの感謝と喜びに溢れていて本当に暖かな作品ですね。でも、そのあとには堪らないほどの切なさが込み上げてくる作品でもあります。すごく感じるものがありました。この4枚をモノクロで発表されたのは正解だったと思います。

裏表紙の素敵な写真はふうまmfukさんの作品で、本編の20ページにあります。
今回は表紙にKOGAさんのシンボリックな傘、そして裏表紙にふうまmfukさんのメモリアルな傘となりました。両者とも素適なカバーフォトですね。


「Mono-Gokoro」じっくり見させていただきました^^
色がないことで、しずかな印象の一枚一枚の中に、それぞれに大きな物語を感じました。

文太郎さんのハウステンボス。
カラフルで色にあふれたあの街も、印象がかわりますね。
そしてやっぱり、文太郎さんの撮る椅子が好きな自分です。カフェのテーブルについて、ゆっくり進む時を味わいたいです。

古賀さんの木道。
緑のにおいが薫ってきそうです。
自然と人とが折り合いをつけるために作られた木道、人工物だけど、自然のもの…。
背景に調和して、素敵な風景ですね。

ふうまさんの、それぞれの憩いを満喫する人々。
それぞれがそれぞれに、そのときをゆったりたのしんでいる感じがします。
バックカバーにもなってる傘をさした女性、雨の町を歩いて何を見つけたのだろう…。

びんこさんの、ねこたち。
いつもマイペースな猫たちに、モノクロって似合うなぁ、と感じました。
さいごの一枚の無防備さ、そしてそのむこうでたたずむ子との気持ちの温度差。猫好きにはたまりません!

yumiさんの、お母さんとの時間。
ほんとう、母との時間は、限られたものであると、どうして一緒に居る時にはなかなか感じられないのでしょう。
花嫁さんの写真が、特に心に残りました。
そうして自分も親のもとを離れたから…かもしれませんが。

NoBさんの、凪いだ海。
海のそばで育った自分、静かに、でも止まることなく寄せる波の音が思い出されます。
やわらかに、でも確かにさしてくる光が、今も、これからも、かの地を照らし続けてくれますように。


いつかモノクロに挑戦してみよう、っと。

No title

Mono-Gokoro、じっくり拝見させていただきました。
全体にゆったりとした時の流れを感じ、また皆さん光と影の明暗を白と黒で非常に巧みに表現されているなと思いました。
撮影する方の想いを肌で感じることのできるMono-Gokoroでした♪

>yumiさん
ありがとうございます。
なるほど、梅雨時でこれを選んで正解でしたね~。
でも実は2月に撮影したものだったりするのですが・・。^^;

>文太郎さん
バックカバーへの起用、ありがとうございました。とても光栄です♪

>あられさん
ありがとうございます。
バックカバーの作品に写っているのはうちの嫁で、初めての結婚記念日に撮ったアニバーサリーなものです。
嫁の目線の先にはウェディングドレスのショーウィンドがあり、撮影後には「あれ買って」なんてふざけたことをほざいてました。(笑)

 

こんばんは、文太郎さん
お知らせメール有難うございます。

Mono-Gokoro拝見しました。
驚きました、今回は特に皆さんすごく奥が深い内容になっていますね。
僭越ですが私なりに簡単に感想を述べさてください。

文太郎さん、全体にきれいな白黒に仕上げって露出、コントラストが見事です。
P-5 Bikeが特に好きです、縦横全てに構図に隙がないですね、流石です。

ふうまmfukさん、P-18、額の人物にストーリーを感じました。
星の軌跡も素晴らしいですし、ふうまmfukさんの写真に対する
熱い気持ちを感じました。

びんこさん、私もネコはよくカメラを向けるのですが、なかなかうまく
撮れません。今回の作品はねこ達が主役と脇役をうまく演じて作品に奥行き感
を与えていると思います。素晴らしいです。

Yumiさん、Yumiさんのお人柄が滲み出ていますね。
母と子の絆が1カット1カット毎に表現され、そのわずか4カットから、
人生で変わらない母と子の愛情が見事に表現されていると思います。
最後のP-33は去年の暮れ98歳で他界しました、母を想いました。

NoBさん、ローライフレックスでの撮影、見事ですね。
私は以前ハッセルブラットを使用していた頃があるのですが
6×6スクエアのフォーマットは簡単なようでむずかしいですね。
P-37が特に好きです。
近景に主役の手摺とバルブ、そして奥に何でもないように浮かんでいる
小島。この小島が作品に奥行きとストーリを与えていると思います。
見過ごすような風景をきっちりとらえられた作品です。

すみません文太郎さん生意気なこと列記しまして皆さんの写真への取り組みに感動したものでつい。
掲示板書き込みはしませんが文太郎さんのご配慮で’よろしくお願いします。

No title

KOGAさん
たいへん、ありがとうございます。
身に余るお言葉をいただきまして恐縮です。
尊敬するKOGAさんからの嬉しいお言葉に、どぎまぎしている私であります。
今回は、KOGAさんの作品を表紙に使わせていただきました。
掲載作品「木道造形」の素晴らしい5枚組の1枚で、実に象徴的に、哲学的に傘を配置されたあの1枚をどうしても表紙にしたいと思いました。ただし横位置の作品でしたのでそのまま表紙に当てるには難しいものですから、ひょっとしたらと思って「タテ位置はありませんか」とお尋ねしましたら、さすがにKOGAさんです。「ありますよ」ということで、送っていただいた作品が今回の表紙になりました。
おかげさまで、「kokoro」らしい雄弁な表紙になったと自負しております。ほんとうにありがとうございました。
また、今後もよろしくお願いいたします。

感想

monochrome HUIS TEN BOSCH
Buntarohさん

ひじょうに奥行きを感じる作品です。カラー要素を消すことで、ますます外国にいるような雰囲気がありますね。
どの作品も主役がはっきりしていて、気持ちよくストーリーに入っていけます。
私は"Caution!"が好きです。チューリップのハイライトが清々しいです。


木道造形
KOGAさん

雄大な光景と主題の混成が、魅力的です。まさに、道ですね。
木道と、迫り来る空の要素(雲やかすみ)が、限られたファインダーエリアを意識させないパノラマ感を生むのでしょうか。
遠く旅している感傷、切なさや懐かしさが、ここちよく襲ってきます。
表紙のショット、いいですね。



憩い
ふうまmfukさん

憩いの場と、それを見つけた人々の対比がやさしいです。
2枚目、5枚目と、人物にピントが来ていなくとも、主役はその人々がかもし出すドラマなのですね。
物語を感じさせてくれます。
私は2枚目の写真が大好きです。クールです。少し荒れた粒子も素敵です。



ねこ
びんこさん

ねこの集会ですね。
扉のクロがボスでしょうか? 欠けた片耳がダンディーですね。
私は市中の猫をなかなか撮影できません。逃げられるので。ですので、すごくうらやましいです。好意100%なのにー。
2枚目の写真、恋人同士でしょうか? ほんわかした、いい写真です。



ふれ愛
yumiさん

扉から奥へ行くほど、人の年輪が深くなっていく構成が見事ですね。
人生の節目ごとを追体験していくような、ひとりの人生を無声映画で観ているような、そんな気持ちになりました。
光のコントロールも見事ですね。
でも、なによりも、yumiさんのモデルさん達に対する愛情が伝わってくる写真でした。
2枚目のソフト感、大好きです。


Re:Buntarohさん
編集作業お疲れ様でした。

Re:あられさん
Re:KOGAさん
感想ありがとうございました。

 

NoBさん
「凪」。この静けさに触れると、実はかなり胸が苦しくなります。
一日も早く皆さんの暮らしとともにこの美しい景観が戻ることを祈って止みません。

「凪」。いい作品をありがとうございます。今回は、この「凪」をエンディングに据えることを真っ先に決定して編集に入りました。どの作品も見事に要所を締めてくれていますけど、「凪」のエンディングは正解だったと思っています。

また、次も、その次も、皆で協力していいものを作っていきましょう。

Re:Buntarohさん

私も祈っています。
被災地が、いつもの日常を一日も早く取り戻せることを。

ありがとうございました。
Kokoro Photo Project
Web Photo Magazine"kokoro"で作品を発表するフォトグラファーの集まりです。

Web Siteはこちらからどうぞ。

http://kokoro-photo.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Member's Site & Blog

【Buntaroh】
Private Photo Gallery "Buntaroh"
【NoB】
i-Shangri-La (Blog)
ふうまmfuk
Nature Photo Collection
星降る夜に出かけよう
今日も気分は森の中(Blog)
【Masaya T】
Enjoy Photo Life
(Blog)Enjoy Photo Life
【Izumi】
北アルプス山麓写真館 / 自然風景壁紙館
北アルプス写遊倶楽部
北アルプス山麓ずくなし Weblog(Blog)
【眞本 尚ニ】
Facebook眞本尚ニ
【でんすけ】
Flickr Densuke@m5
【ito】
P・M CLIP~風の記憶~
風の記憶 (Blog)
【KOGA】
古賀幸雄写真ギャラリー
【RYU】
Photo & Design
RYU (Blog)
【RIRICO】
LA*LA*LA
季節のラブレター(Blog)
【千翔】
華音(かのん)~時の雫~
【yumi】
こころの色(Blog)
【樹里】
季節の野鳥 Wave"
【びんこ】
Photo Gallery"Pixy Wave"

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。