Web Photo Magazine"kokoro"#5

Web Photo Magazine"kokoro"#5を本日3月26日、アップロードいたしましたのでお知らせいたします。
今回は10人のフォトグラファーによる11タイトル、62ページ立てです。
皆さま、どうかご訪問いただきページをめくっていただきたいと存じます。
きっと素適な「kokoro」に出合えると信じております。

Web Photo Magazine"kokoro"
こちらからどうぞ ↓

http://kokoro-photo.com/




1: Buntaroh 「Flora」
2: NoB「逢瀬」
3:KOGA「春告草(梅)の里」
4:ito「春色(はるいろ)」
5:RYU「PORTFOLIO TATTOO」
6:RIRICO「華衣(はなごろも)」
7:あられ「きみの、こころに」
8:yumi「春よこい♪」
9:ふうまmfuk「ホシノキセキ」
10:NoB「ひとぼしころ」
11:びんこ「春節祭の夜」

--------------------------------

Web Phorto Magazine"kokoro" 



: Buntaroh wrote

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

kokoro #5

東日本大震災における犠牲者の皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また被災者の皆様、そのご家族の方々へ、心よりお見舞い申し上げます。被災地の1日も早い復興を、被災者に1時間でも1分でも1秒でも早く平穏な日々が訪れることをお祈り申し上げます。 Kokoro-p...

WebPhotoMagazine"kokoro"#5発刊

Web Photo Magazine"kokoro"#5が本日3月26日発刊されました。 今回は10人のフォトグラファーによる11タイトル、62ページ立て。僕の「星巡るベンチで」が表紙になりました。 皆さ ...

コメントの投稿

非公開コメント

kokoroのカメラマンと作品へ

Buntarohさんの「Flora」へ
蘭が本当に語りかけてくるようです。
特に、「囁」は、すごくいいですね。蘭同士の重なり具合、佇まい、官能的でさえありますね。

KOGAさんの「春告草(梅)の里」へ
17頁の梅、幻想的です。
桃源郷ですね。

itoさんの「春色(はるいろ)」へ
まさに春色ですね。
それぞれの花から抽出されたエッセンス、清々しいです。深呼吸出来ました。

RYUさんの「PORTFOLIO TATTOO」へ
迫力です。
26頁の見上げるShioriさんのShot、透明感があって最高です。

RIRICOさんの「華衣(はなごろも)」へ
こういうの大好きです。実物を見に、旅に出たくなりました。
歴史ある町並みと、ハレの空気感、いいですね。

あられさんの「きみの、こころに」へ
空間がきもちいいです。
特に40頁の写真、まなざしが優しくて、大好きな一枚です。

yumiさんの「春よこい♪」へ
生命観にあふれた、光景ですね。
水滴も、透過光も、命の営みを感じます。

ふうまmfukさんの「ホシノキセキ」へ
表紙も本文も、素晴らしい写真達ですね。
幻想的で、美しすぎて、どこか怖くもあります。そらへ吸い込まれそうです。

びんこさんの「春節祭の夜」へ
神々の気配を感じました。
夜の闇と、それを照す提灯。私のkokoroは旅に出ました。

kokoro#5の感想

#5の全体の流れ、もうすでに皆さんで申し合わせていたんじゃないかと思うくらい、息をつく縞もない力強く自然な流れになっていますね。
素晴らしい完成度だと思いました♪

Buntarohさんの「Flora」
本当に華やかで幻想的な花の作品たちですねー。
誘うの周りの空気までもふんわりと包み込むように広がる白、囁くの透き通る花びらの脈や舌のカールなどのディテールはとても惹かれます。
洋ランの美しさを余すところなく表現した素晴らしい作品だと思いました。

NoBさんの「逢瀬」と「ひとぼしころ」
逢瀬というタイトルはどうして付けたんだろうと思いましたが、なるほど桜をひとり占めして逢引きしようというちょっと色っぽい作品なんですねー。
ひとぼしころもとても響きの良いタイトルです。NoBさんのタイトルの付け方はとても個性的で面白いですね。
どちらも色温度の高い時間帯の作品ですが、うまく露出調整されていて美しい色合いですね。

KOGAさんの「春告草(梅)の里」
梅林の撮影は非常に難しいと感じていますが、その美しさをうまく表現されていますね。
白梅・紅梅のコントラストがとても美しく、春近い空気を感じさせてくれます。
5枚目の光が秀逸♪

itoさんの「春色(はるいろ)」
うーん、どれもこれも、全体の流れも素晴らしいの一言です!
まさに伊藤ワールド全開ですね♪
チューリップやドウダンツツジの水滴の光、キクザキイチゲの何とも言えない淡い色彩、もうお腹いっぱいですー!(笑)

RYUさんの「PORTFOLIO TATTOO」
モデルのShioriさん、凄く魅力的な女性ですねー。
それにしぐさのひとつひとつを捕らえるRYUさんの腕も凄い!
TATTOOというのはこんなにも存在感のあるものなんですね、こういった演出を考えるのが素晴らしいですね。

RIRICOさんの「華衣(はなごろも)」
古い街並みとひなまつりの華やかな飾り、そのコントラストが非常に美しいですね。
幸せに育って欲しいと願う古の親たちの願いが街に溢れている・・そんなところを僕も一度ゆっくり歩いてみたくなりました。
最後の女の子、着物とクロックスというギャップに現代を感じますね♪

あられさんの「きみの、こころに」
表紙の男の子は長男君でしょうか次男君でしょうか、桜の木の下で遠くを眺めて何を想っているんでしょう。
草に付いた水滴、見上げるもみじ、その心の中を写しているように感じます。
ランドセルのお守り、ミラーに映った姿、母の子を想う心がひしと伝わる作品です。温かいですね。

yumiさんの「春よこい♪」
雪積もる枝、堅いつぼみ、春を待ち焦がれる気持ちが表れていますね。
中でもツクシとなごり雪がとても美しく、見入ってました。強く生きるツクシは見ているととても勇気が湧いてきますね。
春おぼろの淡い太陽も、春霞みののんびりとした空気を感じられて面白いです。

びんこさんの「春節祭の夜」
とても力強い色彩の祭りですね。
長崎の春節祭はこのように提灯が街中につりさげられるのでしょうか。こんな夜を歩くととても楽しいでしょうね、ぜひ見てみたいです。
作品の各所にその歴史を感じさせてくれるディテールが灯火によって写しだされ、非常に幻想的な作品でした。

>NoBさん

ご感想ありがとうございます。
表紙、ページは文太郎さんの類稀なデザイン能のおかげでしょう♪素晴らしい仕上がりになりました。
夜空を眺めていると、いろいろと忘れていた思い出が浮かんでくるんですよね。時を忘れていつまでも眺めてしまいます。

みなさんの素敵な写真

素晴らしいkokoro #5に感動し、感想を書かせていただきます♪

★buntarohさん
個性的で魅惑的な蘭の表情が、まるで魂のこもった人の感情のようでとても素晴らしかったです☆
特徴を巧みに捉えられていて、見た人誰もが心を奪われる魔法の時間のように思いました。

★NoBさん
心象的な桜風景に、想いまで映しだされているような、とても素晴らしい作品です☆
また夢で逢えたら・・・と思いたくなるような、はかなくて素敵な逢瀬でした。

「ひとぼしころ」、夕暮れ頃だそうですが拝見していて私には「人こいしくなる頃」にも思えます。
人恋しくなる夕暮れ道を蒼い空があたたかい家へといざなってくれる・・寒くてもぬくもりのある良い作品ですね☆

★KOGAさん
早春のよろこびが画面いっぱいに写し出されていて、きれいな風景ですね☆
梅の木達が春を告げてくれるうれしさをとても感じ得ました。

★itoさん
春いちばんの可愛らしいお花達はitoさんの気持ちそのものが伝わってくるような素晴らしい作品でした☆
心の豊かさと愛情に見守られて、私がお花だったらこんなに素敵に撮ってくれた人に恋してしまいそうです。

★RYUさん
美しく魅力的なしおりさんの表情や動きがファインダー越しのRYUさんの気持ちと一つとなる素晴らしさです☆
この瞬間はお互いの魅力に相思相愛って気がしてきます~しおりさんの素敵がいっぱいです。

★あられさん
お母さんの愛がにじみ出てる作品と季節の一こまが挿絵のように上手く調和されている作品集でした☆
ミラーに写る間接的な息子さんの姿など入っていて、ニクイ撮り方ですね。

★yumiさん
自然が与えてくれる美しさと力強さを感じさせていただけ、春を想う気持ちがよく出ている良い作品集ですね☆
愛知では見られない土筆と雪のシーンには憧れもあり、強く心惹かれました。

★ふうまmfukさん
今回のkokoro#5では、ひときわ輝いて魅せていただいた作品集でした☆
星の軌跡と地球上のいろいろな風景は、身近でありながら夢のような光景で 技術と知識の賜です。

★びんこさん
インパクトのある長崎ランタンが、写っていない部分まで想像させる、そんな撮り方で素晴らしいと思いました♪ 
いつか訪れて、楽しんでみたい雰囲気をとても感じました。

*ここからはお礼です*
◆NoBさん 
嬉しい感想いただきありがとうございましたm(__)m
行ってみたいと思ってもらえるのは伝わった気がして嬉しい限りです^^
私もこういう町並みの人のぬくもりや雰囲気がだいすきなので撮りたいシーンがいっぱいありました♪

◆ふうまさん
嬉しい感想をありがとうございましたm(__)m
ふうまさんにもゆっくり歩いてみたいと思ってもらえてとても幸せです^^
色彩の雰囲気やクロックス(笑)など時代の違いも見所でしたので、よく見ていただけて嬉しかったです♪

 

遅ればせながら。コメント連投で申し訳ないです。

これだけの人数が、発刊日のみを告げられて出し合った写真たちが集まって、ストーリーのように連なっていくのは本当に感動的です。

Buntarohさん
花たちはいつも黙ってそこに咲いているようにみえるのだけど、Buntarohさんの写真では、いまにも言葉を発して語りかけてきそうです。
もう少しで、聞こえそうなんだけど。

NoBさん
逢瀬。
すてきですね。桜と逢瀬。
独り占めできるときというのはなかなかないですし。昼間はたくさんの人に囲まれている桜も、このときだけは自分のものですね。
ひとぼしころ。
もう日が沈む、その時のほの暗い空と雪と街灯のひかりが、そこに足跡をつける人の大事な道しるべになってくれるのかな、と。

KOGAさん
山あいの梅林なのですね。くねった坂、その先に広がる梅。
最後の一枚の、ひかり。
春って光っているんじゃないかなって思っていたのは、間違いじゃないのかなと感じました。

itoさん
やっぱり、春って光っているんじゃないのかな、って。
小さな花たちの小さな表情をしっかり受け止めて。花たちのいいたいこと、わかっているみたいな写真たちですね。きっと花たち、大喜びですね。

RYUさん
ひとりの女性がみせる、いろいろな表情、どれもが素敵な作品ですね。
みんな同じしおりさん、だけど、みんな違うしおりさんらしさ。モデルさんの素敵を切り取るRYUさんの技、モデルさんがうらやましいですね^^

RIRICOさん
春を待つ古い街並みに、子を思い飾られるお雛様。
昔から受け継がれてきた親の気持ちみたいなものが、そこにはあるんだなぁと感じます。
あったかいですね。

yumiさん
春を待つ。やっぱりみんな、春を待ってますよね。夏でも秋でも冬でも、はるを待っている自分がいます。
とけはじめた雪も、つくしも、雪の中でも輝いていますね。
やっぱりやっぱり、春って光っているんじゃないですか。

ふうまmfukさん
動いていないはずの景色の中に、動いている事実を写す星空…。
無意識のうちにある事実を写す空に、ほかの世界に連れて行かれてしまいそうですね。

びんこさん
日本であって日本ではないような…。長崎ならではですね。
歴史と伝統をてらす赤い光が、その世界へ引き込まれてしまいます。
最後の一枚のランタンにさそわれて、そのまま出かけて行きたくなるような…。

---
NoBさん、ふうまさん、RIRICOさん、あたたかいコメントをありがとうございます。
長男が幼稚園の頃のものです。
小さい背中にこれから何を背負っていくのかなと、不安になる日も多いですが、信じて寄り添う、しかないですね^^
Kokoro Photo Project
Web Photo Magazine"kokoro"で作品を発表するフォトグラファーの集まりです。

Web Siteはこちらからどうぞ。

http://kokoro-photo.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Member's Site & Blog

【Buntaroh】
Private Photo Gallery "Buntaroh"
【NoB】
i-Shangri-La (Blog)
ふうまmfuk
Nature Photo Collection
星降る夜に出かけよう
今日も気分は森の中(Blog)
【Masaya T】
Enjoy Photo Life
(Blog)Enjoy Photo Life
【Izumi】
北アルプス山麓写真館 / 自然風景壁紙館
北アルプス写遊倶楽部
北アルプス山麓ずくなし Weblog(Blog)
【眞本 尚ニ】
Facebook眞本尚ニ
【でんすけ】
Flickr Densuke@m5
【ito】
P・M CLIP~風の記憶~
風の記憶 (Blog)
【KOGA】
古賀幸雄写真ギャラリー
【RYU】
Photo & Design
RYU (Blog)
【RIRICO】
LA*LA*LA
季節のラブレター(Blog)
【千翔】
華音(かのん)~時の雫~
【yumi】
こころの色(Blog)
【樹里】
季節の野鳥 Wave"
【びんこ】
Photo Gallery"Pixy Wave"

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる