Weekly”Photo Lab” 第14週

はじめましてこんにちは。
今週の Weekly "Photo Lab" の担当、NoBです。

そこここに春の息吹を感じる季節になりました。でも東北はまだまだ雪の魔力にかかっています。

音も吸い込むような青い空でした。
日も傾き、空の色も変わってきた頃、太陽が雲に一瞬だけ隠れました。風が強くなり、雲の流れる速度も速かったですから、ほんとうに数秒だったと思います。
雪は降っていませんでしたが、遠くには地吹雪が見えました。
そんな日のことでした。


斜陽。Rolleiflex 2.8F (Planar 80mm) NEOPAN 100ACROS。


Weekly”Photo Lab”
Web Phorto Magazine"kokoro"



: NoB wrote



コメントの投稿

非公開コメント

一瞬ですね

NoBさん、良いですねぇ♪これ。

>東北はまだまだ雪の魔力にかかっています。

そうそう、春の兆しがしてきましたが、こちら山形でもまだ雪の方が勝っていますね。
一昨日までの春めいた天気が今日は一転して吹雪いていますよ。
ただ、同じ東北でもやはりそちら太平洋側とは違いますね。
抜けるような青空ですか~。
私も仙台に住んでいたことがありましたが、そちらはやはりキンッとした寒さですよね。肌が痛いほどの寒さがありますね。
こちら日本海側は肌に染みるような寒さです。同じ“寒い”でも違っています。

それと、一瞬雲に隠れる、っていうのもこちらとは真逆です。こちらは雲が割れて一瞬陽が射す、って感じです。
どちらも一瞬の勝負ですね。
私は常々思っていますが、風景写真こそ一瞬の勝負という場面がとても多いと思うのです。

NoBさんのこの写真、一瞬をものにしたおかげで、凛とした緊張感が表れた冬の平野の写真になったようです。
(^^)/

表現

緊迫した空気の中での一瞬を切り撮った風景。
空と大地の壮大なドラマと、雪や風という季節感、
そして田畑や電線から漂う生活感、
そこに在るあらゆるものを精密に描写したかのような、厳しく力強い表現に圧倒されます。凄い一枚です。

No title

風の強い青空の日に、こんな場面に遭遇するようなことは私のライフスタイルには存在しません。
ですので、この一枚からヒシヒシと緊迫感が伝わってきます。
スクウェアフォーマットからでしょうか、何かを覗き込んでいるような不思議な気持ちにさせられ現実離れした異次元の風景を見ているようです。
良い写真ですね。

Re:伊藤さん

伊藤さん、こんにちは。

同じ東北でも、奥羽山脈を隔てた日本海側と太平洋側では、ほんとうに雪質が違いますものね。
一昨日までは春そのものだったのですが、昨日の朝、アスファルトにうっすらと雪がかかっていてびっくりしました。外の水道だって、水抜きしないと朝凍結していますし、まだまだ本当の意味での春は遠そうです。

>一瞬雲に隠れる、っていうのもこちらとは真逆です
なるほど。空の情景もそんなに違うんですね。いま山形に住んでおられ、以前には仙台に住んでおられた伊藤さんの観察眼、さすがですね。私はそこまで考えていませんでしたが、今度山形に行ったときは、宮城の空と比較してみます。なんか楽しい発見がありそうです。旅、ですねぇ(笑

>風景写真こそ一瞬の勝負
本当ですね。
あの葉にスポットライト! 今だーっ て時には、時既に遅しで一面曇りの景色って、よくあります。
波だって、風だって、一瞬一瞬で移り変わり、同じものは二度と撮れないですものね(遠い目
昔友人のキヤノンのF-1が、なんで絞り優先ではなくシャッタースピード優先なんだろうと思った時がありましたが、そう考えると、なるほどと今、昔を思い出しました。

これからも、一瞬をモノに出来るように、カメラは常に持ち歩こう。

ありがとうございました。

Re:Buntarohさん

Buntarohさん、こんにちは。

自分の写真に映り込んでいるものに、後で気がつく。ということがよくあります。
実はこの写真、当時は電線や地吹雪はあまり考えていませんでした(近くの鉄塔群は意図的に避けましたが)。

レンズ交換が出来ない二眼レフに付いているのは、35ミリのカメラでいえば標準レンズで、寄るにも引くにも限界がある。デジタルのように途中でISO感度やカラー/モノクロも切り替えできない。で、今日積んでいるのはネオパンの100。ってことで、昔ではあたりまえでも、今ではとても不便な環境です。
それで、今日は光と影だけを意識して写真を撮ろうと思っていました。そこに、たまたまいい具合に太陽と雲がフレームの中に収まったわけです。

出来てきたフィルムをライトボックスに上げてルーペで覗くと、遠くには地吹雪。手前には良い位置に電線の線景。という感じです。今思うと、不自由な道具で、その日のテーマをひとつに絞ったのが良かったのかなと思います。不器用なので、八方美人的に撮り出すと、八歩で八方塞がりになりそうで(汗

これからも、季節感や生活感の感じられる写真をたくさん撮っていきたいと思います。

ありがとうございました。

Re:Fastpさん

Fastpさん、こんにちは。

風の強い日は、低感度のフィルムを詰めて、1/8秒固定の写真をよく撮りに行きます。強風の中の1/8秒は辛いけど、予測不能の被写体ブレ(もしかするとカメラ&手ブレ)が、たまに驚きを呼んでくれます。この日は空を多く入れたので絞りを絞っても高速シャッターだったのですが。

>スクウェアフォーマットからでしょうか、何かを覗き込んでいるような
あぁ、なるほど。それ、面白いですね。
長方形の写真は視線が四方に逃げるといいますが、正方形の写真は視線が中央に集まるのでそう感じるのかもしれませんね。知らずに日の丸写真だらけですし、私の写真も(笑
ファインダーを窓枠に例えて構図を決めたら面白いかもしれませんね。今度やってみます。

今年は、スクエアフォーマットの比率を増やそうかな♪

ありがとうございました。

すご~い!

NoBさん こんにちは
はじめてお話させていただきます♪
私なんかに感想もらってもご迷惑かも?って思いましたが・・^^;

「地吹雪」ってなんだろう?と聞いたことも見たこともなかったので、
真四角の写真をじーっと見ていたら見つけました~!
向こうのほうに湯気のような煙のようなものがありました~これが地吹雪ですね。
冬しか見られない幻想的な自然の情景がフレームインされたことは
NoBさんに写真の女神さまがついていたのかな~って素敵なことですね^^
見たことのない自然の風景の力強さを知ることができて、よかったです♪

Re:RIRICOさん

RIRICOさん、こんにちは。
そして、はじめまして。

地吹雪は、雪が降ってないのに、強風により積もった雪が空中に舞い上げられ吹雪になる現象で、その中にいると、ほんとに目が開けられないような状態になります。パウダースノーだと、もう前歩く人の背中しか見えなくなりますよ(汗
そうです、この写真の場合、真ん中へんの湯気っぽいスジです。撮影現場(私が立っている場所)はそんなに吹雪いていなかったので、今思うとラッキーでした(笑

>見たことのない自然の風景の力強さ
本当ですね。
私もいろいろ見てみたいです。流氷やダイヤモンドダスト現象や、雨にけぶる屋久島や・・・。
取りあえずは、写真の女神さまにもっと気に入ってもらえるように、チャンスに出会った時にはいつでも焦らずシャッターが切れるよう、訓練しよう♪

これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

素敵な一瞬ですね~!


実際は、とても寒いのでしょうね。
でも、おひさまのひかりがふんわりと大地にそそいで、
必ず来る春を思わせてくれているように感じます。


ほんとうは、この目に映るものすべてが、二度と来ないその時で。
だけどそんなこと、いつもは忘れてしまっているけど…
こうして、みなさんの写真に残っている一瞬をみるたびに、そのことを思い出します。

Re:あられさん

あられさん、こんにちは。

寒い日でした。冬は逆に晴れてる方が寒かったりしますよね。強風でしたから尚更です。
でも、言われてみると、陽光が春を呼んでいるようにも見えますね。

>この目に映るものすべてが、二度と来ないその時で
本当ですね。
一瞬も、永遠も、同義ですね。
二度と来ない一瞬に、永遠の真理が内包しているのだと感じます。
奥が深いですね、写真って。
それと、素敵ですね、写真って。

ありがとうございました。

No title

NoBさん、遅くなりましたが拝見しました。
雪の風景はこちらでは山に行かないと見ることができないので、このような雪の平野はとても珍しく、冷たさの中に何か暖かさを感じたのですが・・雪国にお住みの皆さんとは印象が違うかもしれませんね。
スクエア・モノクロの世界、やはり情緒にあふれていますね~。
プラナー80mmの程良くなだらかな周辺減光とも相まって、写野の中へと吸い込まれるような感覚がありました。

Re:Fuuma-mfukさん

Fuuma-mfukさん、こんにちは。

今日もうっすらと雪化粧の当地です。とは言え、春の雪は昼頃には消えるのですが。
あっ、急に脳内ipodが、なごりゆきを再生しました(笑

>雪国にお住みの皆さんとは印象が違うかもしれませんね。
そうかもしれませんね。
私も、南国や異国の写真を見て感動しますが、おそらく住んでいる方とは異なった心情で写真を見ています。
これって、今まで生きてきた経験に基づいて構築された、脳内フィルターを通すからですよね。すごく面白いですね。
冷たさの中に何か暖かさを感じて頂けたのなら、うれしいです。厳しさの中にも、温かい風景って、すごく魅力的なテーマですよね。

>スクエア・モノクロの世界
どうしても似たような構図になるのが、悩みの種です(汗
でも、スクエアは、ファインダーを覗いたときに、妙に安心出来たりします。
スクエアで、誇張が効かない標準レンズですが、大好きな世界なので、これからもバンバン撮ります♪

ありがとうございました。

太陽。。

僕は宮崎の生まれです。
冬も寒いのですが、恐らく北国のそれとは全く違うものだと思います。でも、あの寒い日の太陽がくれる暖かさは同じある種の希望をくれます。
はるかむこうの地吹雪まで一瞬で包み込む、太陽はこの極寒の写真までも暖かく見せてくれるのは 太陽 おひさま の凄さでしょうか。

Re:龍さん

龍さん、こんにちは。

真冬の太陽。それは夏の太陽よりも、神々しく感じられます。
龍さんの仰るとおり、寒い日の日の光は、まさに希望です。
精神的にも、生命活動をおこなう上でも。人間に限らず、全ての生命にとっても、そうかもしれません。

>はるかむこうの地吹雪まで一瞬で包み込む
Fuumaさんのコメントにもあった、雪原なのに温かいというのは、なるほど太陽光の御陰なのかもしれませんね。
もしこの写真に、雲から漏れ出す太陽光が写っていなかったら、とても寒々しい写真になっていたんでしょうね。
ほんと、おひさまって、すごいです。

ありがとうございました。
Kokoro Photo Project
Web Photo Magazine"kokoro"で作品を発表するフォトグラファーの集まりです。

Web Siteはこちらからどうぞ。

http://kokoro-photo.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Member's Site & Blog

【Buntaroh】
Private Photo Gallery "Buntaroh"
【NoB】
i-Shangri-La (Blog)
ふうまmfuk
Nature Photo Collection
星降る夜に出かけよう
今日も気分は森の中(Blog)
【Masaya T】
Enjoy Photo Life
(Blog)Enjoy Photo Life
【Izumi】
北アルプス山麓写真館 / 自然風景壁紙館
北アルプス写遊倶楽部
北アルプス山麓ずくなし Weblog(Blog)
【眞本 尚ニ】
Facebook眞本尚ニ
【でんすけ】
Flickr Densuke@m5
【ito】
P・M CLIP~風の記憶~
風の記憶 (Blog)
【KOGA】
古賀幸雄写真ギャラリー
【RYU】
Photo & Design
RYU (Blog)
【RIRICO】
LA*LA*LA
季節のラブレター(Blog)
【千翔】
華音(かのん)~時の雫~
【yumi】
こころの色(Blog)
【樹里】
季節の野鳥 Wave"
【びんこ】
Photo Gallery"Pixy Wave"

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる